バラの講座(育て方・活用方法)や加工品をつくる体験をするなら…東京から約90分の【株式会社バラの学校】へ~バラの花言葉について~

色や本数で異なるバラの花言葉

色や本数で異なるバラの花言葉

花にはそれぞれ花言葉があります。花言葉とは、色や香り、形といった花の特性から象徴的な意味合いを持たせたものです。バラの場合は、花の色や本数によっても異なります。例えば、赤いバラは「愛情」「美」「情熱」などの花言葉があり、白は「純潔」「深い尊敬」、ピンクは「愛の誓い」や「感謝」などの意味を持ちます。

黄色いバラは「友情」「献身」などの他に、「愛の告白」といった意味合いがあります。そして、今まで品種改良を重ねてもつくることができないとされていた青いバラには、「奇跡」や「神の祝福」、「不可能を成し遂げる」といった花言葉があります。

色によって様々な意味を持つバラですが、本数にも意味があることをご存知でしょうか。1本ですと、「一目惚れ」や「あなたしかいない」、2本は「この世界は2人だけ」、3本は「愛しています」、4本は「愛の気持ちは死ぬまで変わらない」…などです。100本のバラには「100%の愛」という意味があるため、プロポーズに100本のバラを贈るという方も多いのでしょう。

バラの講座(育て方・活用方法)や加工品をつくる体験を希望するなら【株式会社バラの学校】へ

バラの講座(育て方・活用方法)や加工品をつくる体験を希望するなら【株式会社バラの学校】へ

バラの講座(育て方・活用方法)を行う【株式会社バラの学校】は、食用バラの育て方が学べるカリキュラムを提供しています。講座では座学だけでなく、千葉県にある農園で実習を通して無農薬での栽培方法を身に着けることができます。

また、ジャムやローズウォーターの作り方などを学ぶ講座も開講しています。子供たちも楽しく参加できるミント摘み体験や、ポニーとのふれあい体験コースなどもありますので、親子でもお気軽にご参加ください。

バラの講座が東京から約90分の里山で学べる!

バラの講座を行う【株式会社バラの学校】の農園は、東京から離れた静かな里山に広がります。1,000坪を超える広大な農園で、農薬も化学肥料も使わずに300種類からの花を育てています。農薬・化学肥料を使わず、美しく咲くように育てることを可能にした独自の栽培方法を、12回の講座で習得できます。

忙しく続けて通うことが難しい方には、1日講座もあります。咲かせたバラはただ鑑賞するだけでなく、ジャムにして味わったり、香水にして香りを楽しんだりということが可能です。バラの持つ様々な魅力を、ぜひ【株式会社バラの学校】で知っていただければ幸いです。

お役立ちコラム

バラの講座なら【株式会社バラの学校】

販売主 株式会社バラの学校
住所 〒294-0023 千葉県館山市 神余4588-1
電話番号 0470-29-5800
URL http://www.baranogakkou.co.jp