バラの造園や手入れの仕方を基礎から学ぶなら…東京や神奈川からも通いやすい【株式会社バラの学校】へ~バラを育てるポイント~

魅了されるバラを育てるポイント

魅了されるバラを育てるポイント

バラには不思議な魅力があり、様々な色や香り、形で私たちを楽しませてくれます。古くから香料などに使われていた記録が残っていて、昔も今と変わらず人々に愛されていたことが分かります。バラは育てにくい花のようにいわれることがありますが、ポイントさえ押さえればそれほど難しくはありません。

育て方の大きなポイントの一つ目は水やりです。冬から春先の休眠期は、あまりたくさん水をやると根腐れを起こすこともあるため注意しましょう。反対に、夏は土が乾いたなと思ったらたっぷり水をあげてください。鉢植えの場合は、水が蒸発して蒸れるのを防ぐために午前中か夕方に水やりを行います。

ポイント二つ目は肥料の与え方です。バラは「肥料食い」といわれるほど肥料を必要とするので、植える時だけでなく、花が咲きはじめた時、咲き終わり軽く剪定した後の追肥、休眠に入る前のお礼肥も行います。食用バラは化学肥料ではなく有機肥料などを使用します。

バラの造園を目指すなら【株式会社バラの学校】で手入れ・育て方を学びませんか?

バラの造園を目指すなら【株式会社バラの学校】で手入れ・育て方を学びませんか?

バラの造園を目指すのでしたら、【株式会社バラの学校】で一緒に手入れの仕方や育て方を学びませんか?【株式会社バラの学校】では、食用バラを農薬や化学肥料を使わずに栽培し、加工から販売まで行っています。商品として花苗やジャム、冷凍花弁、エキス、石鹸などを扱っており、造園に必要な作業道具も販売しています。

国内で唯一、食用バラの育て方を教えている学校ですので、ガーデニングに慣れていない方、初心者の方でも、手入れの方法を覚えて立派な花の咲く造園ができるようになります。

咲かせた花を見て楽しむだけでなく、ジャムや香水に加工したり、エキスを抽出したりと、食べたり肌につけたりして楽しむ方法も知ることができます。そのための講座も豊富に用意しています。

バラで造園するなら東京や神奈川からもアクセスしやすい【株式会社バラの学校】がサポート

バラで造園を目指すなら、千葉の【株式会社バラの学校】がサポートいたします。【株式会社バラの学校】のカリキュラムで、特に人気の育て方講座では初心者向きの12回シリーズがあります。

千葉にある農園へ12回通い続けるのが困難な方には、1日クラスもありますので、お好きな方をお選びください。東京や神奈川からもアクセスしやすく、豊かな自然に囲まれた農園で実戦形式による講座を行いますので、親子や友人同士でのご参加もお待ちしています。

お役立ちコラム

バラ・造園のことなら【株式会社バラの学校】

販売主 株式会社バラの学校
住所 〒294-0023 千葉県館山市 神余4588-1
電話番号 0470-29-5800
URL http://www.baranogakkou.co.jp