株式会社バラの学校は、食用バラの栽培、加工、流通販売まで行う6次産業の会社です。国内で唯一、食用バラの咲かせ方を学べる学校です。

つるアイスバーグとアイスバーグは、別の薔薇ですか?


 

アイスバーグ

 

アイスバーグは、白とグリーンだけでつくるホワイトガーデンには欠かせない、銘花中の銘花。

細い枝にうつむき加減に純白の花をたくさん咲かせ、上品な香りを漂わせます。

とても強健で、ゲンコツ剪定をしても翌年には花を咲かせるほど。

さて、アイスバーグには、「つるアイスバーグ」と「アイスバーグ」があります。

この2種類について解説してゆきます!


つるアイスバーグとアイスバーグは別の薔薇?


アイスバーグは、もともと樹高1.2メートル程度の木立性の薔薇です。

つるアイスバーグとアイスバーグが別の薔薇かどうかを解説する前に、薔薇の生産について説明しましょう。

薔薇の生産には、次の4つの方法があります。

 1 芽接ぎ(めつぎ)

 2 切接ぎ(きりつぎ)

 3 挿し木(さしき)

 4 実生(みしょう)

いずれかの方法で、1本のアイスバーグから何本ものアイスバーグが生産されるわけですが、増殖を繰り返す中で、アイスバーグの遺伝子の1つに突然変異が起きると、(※1)遺伝子が樹形に影響をおよぼし、突然、つる性のアイスバーグが生まれるのです。

そのアイスバーグを増殖したものが「つるアイスバーグ」として市場に流通しています。

つまり、「つるアイスバーグ」と「アイスバーグ」は元は同じ「アイスバーグ」なのです。

※1 河村耕史教授「薔薇遺伝学」より引用



<食用薔薇ナビへ戻る