株式会社バラの学校は、食用バラの栽培、加工、流通販売まで行う6次産業の会社です。国内で唯一、食用バラの咲かせ方を学べる学校です。

食べられる薔薇と観賞用の薔薇の違いとは?

「食用バラって、普通の薔薇と何が違うんですか?」という質問をよく頂戴します。
確かに、花屋さんで売っている薔薇と食用薔薇、見た目はそっくりです。

いったいなにが違うんでしょうか?


1 そだてかた


観賞用のバラに求められるのはズバリ、「見た目」です。

葉にも花びらにも、シミや斑点があると、観賞用のバラとして売れにくくなります。

シミや斑点のないバラを育てるために、切りバラ農家は化学農薬を使って薔薇を育てます。また、化学農薬を使うと病害虫が減るため、安定して生産できるようになり、効率よく栽培することができます。

バラに噴霧された農薬は、虫や病気を殺すだけでなく、バラの花や葉や茎に残ります。

また、農薬は雨等により土壌に流れたり、飛来した鳥や昆虫に付着・摂取される場合もあります。

農薬は、農林水産省「農薬取締法」によって、使用してよい農薬の種類や、量を定めています。特に、使用量については、「毎日一生とりつづけても健康への影 響がない」前提で定められています。

しかし、プロの農家が使用する農薬の多くは、原液で販売されており、使用時に農家が希釈して使用します。時折、ニュースで「高濃度の農薬が検出された」という事故があるのは、人為的ミス(希釈を誤った)がほとんどです。

観賞用のバラを栽培する農家にも、野菜や米、果樹農家と同様、定められた使用方法を厳守する義務があります。


一方、ナカイローズファームでは、化学農薬はもちろん、化学肥料も使用せずに薔薇を育てています。そのため、土ホコリさえ落とせば、摘みたてを召し上がることもできます。



また、露地栽培をしていますので、天候の変動等による環境変化に対する耐性が強いのも、ナカイローズファームの薔薇の特徴です。抗酸化作用の高いバラをローズティージェラートスパークリングウォーターコンフィチュールなど食品を加工しています。

ナカイローズファームでは、各生産地において定期的に残留農薬検査を受け、安心安全なバラを皆様にお届けしています。


2 品種


観賞用のバラは、花束やかご花(フラワーアレンジメント)やウエディングブーケにつかわれることが多いでしょうk。花束用には、枝が30~60センチまっすぐ長く伸びる品種である必要があります。そのほか、大輪か小輪か、花の直径も品種選びの基準になります。


ナカイローズファームの食用バラは、「食べる」「飲む」「肌につける」ために品種を選んでいます。

たとえば、ローズコンフィチュールには、香りが強く、加熱した際美しい薔薇色が抽出できる薔薇、さらにとろけるような食感のバラをつかっています。


ローズスパークリングウォーターには、甘い香りの余韻が長く続く薔薇を、

ローズリーフ(薔薇の葉のお茶)には、えぐみがなく甘く香ばしい香りをもつバラを、えらんでいます。

観賞用のバラ

見た目重視 枝の長さ、発色、花の直径、日持ち

食用のバラ

味や香り重視 発色、香りの種類と強さ、花びらの風味


ご家庭でも、1鉢から食用薔薇を育てることができます。
家庭菜園と同じように、食用バラを育てて、ジャムにしたり、カクテルをつくってみたり、薔薇風呂にしたり・・・
ご用途にあわせたおすすめ品種をご案内しますので、お気軽にご相談ください。

薔薇苗選びナビ(ご利用無料)

<食用薔薇ナビへ戻る